フォーカスイシュー

ロボティック導入に適した業務プロセスとは?

RPAは、サプライチェーン管理(SCM)、経理・会計、人事、ITなどの業務領域で、定型的・反復可能なプロセス、情報の検索、収集、更新など、コンピュータ操作を中心とした作業の幅広い業務領域に適用可能です。
中でもRPAによる大幅なコスト削減効果が期待されている分野として、SSC(シェアード・サービスセンター)やBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)などへ委託している業務プロセスが対象として考えられています。
これらの委託先には、ルールベースの反復的な手作業を大規模に委託している場合が多いため、やはりこの分野でのRPAの適用可能性が高いと言えます。


適用できる業務プロセスの一般例

複数システムを操作してデータの入力・参照を行うような業務や、エクセル等でのデータ集計からシステムへの入力作業など、自動化の対象となる作業例が多く見られます。


  • 社外のシステムを利用している業務
  • 顧客からの入金状況の確認などの場合で、金融機関からの情報照会などにおいて、自社システムと連携していない社外のシステムを利用する定型業務
    社外システムからの情報取得から自社システムへのインプットまで自動化することができます

  • エクセルなどのEUCを活用している業務
  • 報告資料作成のためのリスト作成や、エクセル管理しているデータ集計作業などで、システム化されていない業務
    業務システムを用いた元データの参照、抽出から、エクセルやワードへの貼り付け、印刷やメール送信等までを自動化することができます

  • 複数のシステムを利用している業務
  • 商品により異なる売上管理システムや、営業管理システムと売上管理システム等の複数のシステムを使用して情報の参照、更新をする業務
    ロボットがシステム間のデータの照合や転記を行うことで、業務の省力化を図ることができます

    主なRPA適用範囲

    サプライチェーン & オペレーションズ
    • 製造指図管理
    • 需給計画
    • 契約・受注管理
    • 発注・購買管理
    • 出荷・請求管理
    • 物流管理
    • など
    経理・会計
    • 買掛金管理
    • 売掛金管理
    • 固定資産管理
    • 棚卸資産管理
    • 総勘定元帳管理
    • 決算処理
    • レポーティング
    • など
    人事・給与
    • 給与計算
    • 勤怠管理
    • 福利厚生管理
    • 採用事務プロセス
    • 教育・研修
    • など
    ITサービス
    • 設定・インストール
    • FTPダウンロード・アップロード
    • データバックアップ
    • 監視・モニタリング
    • ファイル管理
    • E-mail処理
    • バッチ処理
    • など