フォーカスイシュー

EYのロボティック導入アプローチ

RPA導入の進め方

RPAの導入は、一般にPOC (Proof of Concept)の実施やPilot導入と呼ばれる初期導入、及び展開構想の策定を経て、その後全社にRPAを展開していく方法で進めます。
POCは、適用領域や費用対効果を見積もるための業務的かつ技術的な検証や、使用するシステムに対するロボットの操作可否の技術的な検証を行う位置づけとなり、Pilot導入は、本番運用に必要な機能の実装を行い、実際に効果を出すための初回導入となります。

※ PoC(Proof of Concept)/プルーフオブコンセプト: 概念実証などと訳される。新しい技術や概念(コンセプト)について、実現可能性の有無や程度を検証するために行う試行や実験。

  1. POCの実施
    初期導入の最初の段階では、このPOCの実施により、RPA導入検討の取り組みを開始し、自社の特定業務プロセスにRPAを適用した場合の結果検証と導入効果の試算が可能。

  2. Pilot導入の実施
    特定部門へのPilot導入により、RPA展開の原型となる導入モデル(コアモデル)を確立することができ、同時に社内でRPAの専門担当者(チーム)の育成・組成を開始し、ロボットを稼働させるインフラ環境も整備する段階。

  3. 展開構想の策定
    導入アセスメントの実施によって、今後のRPAの展開構想(コスト試算含む)を策定するフェーズ。
    現状の業務プロセスをトップダウンアプローチで分析し、対象全体での改善コストを試算、その後ボトムアップアプローチによる評価と優先順位付けを行うことにより、RPA全社展開のロードマップを検討。

  4. RPAの導入展開
    Pilotフェーズから育成を開始したRPA専門担当者がプロジェクトを先導し、コアモデルをベースとしたRPAを、展開構想に従って全社に導入。

なおRPAの実装は、業務プロセスごとに導入スケジュールを作成したうえで、ロボットの設定・検証を効率的かつ低リスクで導入するため、反復的(Agile)な開発アプローチでの進行が理想的です。