ケイパビリティ
People Advisory Services(PAS)

日本で働くEY海外出身者のテレワークアドバイス

テレワークを早くから取り入れている海外出身のEYプロフェッショナルによる、テレワークをスムーズに進めるためのコツを紹介します。

米国出身女性 アソシエートパートナー

米国出身女性 アソシエートパートナー画像

テクノロジーの上手な活用法

  • メンバーとスムーズなコミュニケーションを取れるよう、チャットツールを起動し自分の「ステータス」(連絡可能、取込み中、退席中など)を常に最新にしておく。
  • 自分がいる「場所」(ロケーション)をカレンダーへ登録し、予定をチームと共有する。コンフィデンシャルな予定については「非公開」(プライベート)に設定しておく。
  • オンライン会議を毎日行い、チームの状況を確認する。プロジェクトの進捗状況や質疑応答、優先タスク確認します。これにより、メンバーとコネクトしていることを実感することができます。
  • テレワークでつい働き過ぎないために

    • ランチタイムに軽いエクササイズや散歩をする。
    • 終業後はPCの電源を切り、オンとオフのメリハリをつける。

    カナダ出身男性 マネージャー

    カナダ出身男性 マネージャー画像

    こまめにコミュニケーションを

    • 電話やメッセージで同僚に気軽に連絡する。オフィスで話をする感覚で状況に合わせたツールを使い、コミュニケーションをとる。
    • すぐ電話に応答できるように、イヤホンやヘッドセットを接続しておく。

    オンライン会議を効率的に

    • 会議の前に、タスクや必要事項をあらかじめ会議参加者へ依頼・連絡しておく。
    • 会議中にプレゼンテーションする必要がある場合は、すぐに表示できるようファイルを準備しておく。
    • 会議は通常の勤務時間内(平日の午前9時~午後6時の間)に行うようにする。
    • 会議は時間に余裕を持って設定する。例えば翌朝のミーティングへの招集を前日の夜に送るなど、無理なミーティング設定は行わない。

    オンラインカレンダーの設定

    • チームメンバーとカレンダーを共有し、常に最新の状態に更新しておく。
    • 業務に集中したい時間帯はスケジュールをブロックし、会議や依頼が入らないようにしておく。

    自宅の環境

    • 自宅内で作業するスペースを確保する。
    • 電話やミーティングに参加する時間帯など、静かな環境が必要な場合は、事前に家族に説明しておく。

    一日の勤務終了後

    • テレワークの場合はオフィスへの通勤がないので、気持ちの上での切り替えが大事。仕事と生活の区切りをつける。
    • その日の業務が終わったらPCを閉じる。