フォーカスイシュー
イノベーション

【書籍情報】日経BPから『ゲームチェンジングテクノロジーの未来2020-2029』が発行されます。

2020.03.13

2020年3月31日(火)に日経BPから、弊社のアソシエートパートナー/Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader園田展人、マネージャー/Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation 目黒文子による、『ゲームチェンジングテクノロジーの未来2020-2029』が発行されます。

既存産業へ与えるインパクトと新産業創出の可能性を展望

米国政府のR&D(研究開発)投資はざっと13兆円と日本のそれのほぼ10倍、その5割近くを国防総省が支出しています。

国防総省はゲームを一変するテクノロジーになる可能性が少しでもあるなら突拍子もない新分野にも投資します。「世界最大のR&D投資」が向かう先を知ることは企業にとっても欠かせません。民間では取り組めない未来のテクノロジーに資金が投じられ、ゲームチェンジを引き起こし、ビジネスを大きく変えてきた実績があるからです。本レポートは米国国防総省の投資先を中心に、研究段階ではあるものの世界を変え得るテクノロジーの動向を調査し、既存産業へ与えるインパクトと新規産業の創出の可能性を展望します。

  • 価格
    • 書籍のみ:450,000円+税
    • オンラインサービス(1年)セット:675,000円+税
      ※本商品のオンラインサービスはレポート本文のテキスト検索のみの提供となります。図表は検索・閲覧できません。
  • 発行日:2020年3月31日
  • レポート:A4判、約350ページ
  • 発行:日経BP社
  • 監修・著者:生天目 章(防衛大学校名誉教授)
  • 著者:井上 孝司(テクニカルライター)、村田和美(元陸上自衛隊通信保全監査隊長)、高橋 克彦(K.企画代表)、岩城 征昭(帝国繊維技術顧問)、園田 展人(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング アソシエートパートナー、早稲田大学 客員教授)、目黒 文子(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング マネジャー、早稲田大学 招聘研究員)

詳細については、以下のページをご覧ください。