フォーカスイシュー
イノベーション

【書籍情報】日経BP社から『人工知能の未来2020-2024』が発行されました。

2019.12.18

2019年12月18日(水)に日経BP社から、弊社のアソシエートパートナー/Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader園田展人、マネージャー/Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation 目黒文子による、『人工知能の未来2020-2024』が発行されました。

活用・導入の第一線にいる著者が、今後5年の動きを解説。
人工知能がもたらす未来を見通し、ビジネスで勝ち抜く未来戦略がこの1冊に。

AIによる高度な予測や自動化によって、今後5年にどのような変化が起こるかを3つの視点で徹底分析、解説しています。企業に訪れる変化をさらに具体的に理解できるよう、最新版となる2020-2024版では新たにAIによる業務の置き換えの現状と今後を「業務別・AI導入ロードマップ」として提示。

人手不足やIoTビジネスへの対応など喫緊の課題に対してAIをどう活用していくのか。主要業務に起こる変化を図解し、本質を明らかにします。本書はAI適用に関する羅針盤と言えます。AIを組み込んだ経営計画、事業計画策定にぜひご活用ください。

  • 価格
    • 書籍のみ:600,000円+税
    • 書籍とオンラインサービス(1年)のセット:900,000円+税
  • 発行日:2019年12月18日
  • レポート:A4判、約736ページ
  • 書籍付属CD-ROM:本体に掲載された図表を収録
  • 発行:日経BP社
  • 監修:監修:園田 展人(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader アソシエートパートナー、早稲田大学 客員教授)
  • 著者(代表):目黒 文子(EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Strategic Impact Unit Augmented Intelligence & Innovation Leader アソシエートパートナー、早稲田大学 招聘研究員)、他

詳細については、以下のページをご覧ください。