フォーカスイシュー
クライアント:通信会社様 A社様

新興国における市場・アライアンスパートナーの探索・評価支援

背景

A社は、新興国A国で新規事業立上げのためのアライアンスパートナーを探していました。対象としたマーケットは先進国には存在しないマーケットであり、探索に苦心していました。そのため、同国の様々な分野で新規事業立上げの経験を有し、政府と現地企業にネットワークを有するEYACCのイノベーションチームが起用されました。

このプロジェクトのスコープは、先進国にはないA国における対象市場の規模・成長性を外部の視点から評価すること、アライアンスパートナーの評価・絞り込みを支援することでした。


支援内容

先進国にはない対象市場の市場性をいかに評価するか、アライアンスパートナーの評価・絞り込みをどうするかが、このプロジェクトの二つの大きなポイントでした。
特に前者に対しては、定量的・定性的な証明もさることながら、同社のプロジェクトオーナーを現地に案内し、対象市場で働く人や利用者と直接会話させたことがプロジェクトの方向性を大きく左右しました。また後者に対しては、パートナー候補企業がバリューチェーン上で果たす役割の優劣だけでなく、事業に対する理念にまでさかのぼり、評価項目に加え、最終的な絞り込みを支援しました。

EYACCイノベーションチームはプロジェクト立上げにあたり、A国において事業立上げ支援の経験を多数持つコンサルタントや海外30か国以上で日系企業の事業開発の経験があるコンサルタントなどとのチームを編成し、プロジェクトを推進しました。


成果

A社のプロジェクトオーナーより「百聞は一見にしかずで、当初テーマリーダーから話を聞いていたときは、この対象市場に懐疑的でしたが、EYACCさんと一緒に現地を訪れ、現地の現場の方々や利用者の方々と直接会話をすることで、この市場が間違いなく成長するという確証を得ました」とのコメントをいただきました。

同社はその後、アライアンスパートナーと共同で現地での実証実験を開始し、事業化に向けた準備をしています。