RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA=Robotic Process Automation とは

ソフトウェア・ロボットを活用して、企業におけるホワイトカラー業務の自動化を実現します。


  • オペレーターが行う作業を自動化して再現
  • 画面から情報を取得し、マウスクリックや文字入力を行うなど、既存のユーザーインターフェースを利用
  • ビジネスルールに基づく簡単な判断処理が可能
  • 大部分を占める簡単なタスクを自動化することで、人間は残った複雑なタスクへ集中

ソフトウェア・ロボットという新たな「労働力」が、作業担当者の業務を補完・代替して業務プロセスのオペレーションを自動化することにより、さまざまな効果が期待されます。


RPAの特長と効果

現状業務・システムの維持 現状の業務プロセスやシステムの変更を伴わずにそのまま自動化できます。
作業の「置き換え」 業務担当者の業務を補完・代替し、業務効率・効果を向上させることができます。
生産性・効率性 24時間365日の稼働も可能です。
スケーラビリティと柔軟性 作業量の増加・変動に対して柔軟な対応が可能です。
精度 単純なエラーやミスを撲滅できます。
コンプライアンス対応 作業が追跡・記録されるためコンプライアンス対応が容易となります。
人的資源の再配分 省力化により生み出された人材・工数を、より付加価値が高い業務や役割に再配置することが可能になります。
資金の再配分 ITコストおよびオペレーションコストの削減によって生じる資金を、より戦略的なトランスフォーメーション・プロジェクトへの投資に振り向けることが可能になります。

RPAの発展段階


インフォメーション