ケイパビリティ

ファイナンスサービスのご案内

例えばこんな企業課題にお応えします

グループ内の実績情報の即時把握、予実分析とフィードバックにとどまらず、大量のビジネスデータから洞察を導き、経営者・事業責任者の意思決定のために提供する情報の精度を上げたい。
企業価値・株主価値の最大化に向けて、グループ全体の資産効率を高めるとともに、M&A等の投資判断の適正化や、投資後のモニタリング、投資効果の迅速な実現をリードしたい。
業務プロセスの変革・標準化や人材育成を通じ、ファイナンス部門の生産性を向上させることで、経営者・事業責任者の多様なニーズに対し、適正コストで迅速に対応できる体制を整えたい。
グループの急速な海外展開に耐え得るコントロール、ガバナンスの基盤として、効率的なファイナンス組織の体制をグローバル、ローカルの両面で整備したい。

主なサービス内容

CFOおよびファイナンス部門がビジネスパートナーとしての役割を実現するために、グループ経営管理、組織・プロセス・人材、テクノロジーの観点から、包括的なサービスを提供いたします。

グループ経営管理 業績管理の強化
  • 業績管理指標(財務指標・非財務指標)の設定から、KPIマネジメントプロセスの導入・定着化、および経営情報分析ツールの導入まで、業績に好循環をもたらす仕組みづくりを幅広く支援いたします。
予算管理の高度化
  • 計画達成状況をタイムリーに把握し、原価低減、収益性向上に必要な施策を迅速に決定・実施するために、業界特性を踏まえた効果的なPDCAを実現できる予算管理の体制・プロセス・システムの構築を支援いたします。
IFRS導入
  • 制度会計上の対応はもちろんのこと、グループ内の管理会計見直し、業務・システム変更など多岐にわたる施策の立案・実行、さらには国内外の関係会社や部門間での連携が求められるグループ横断的な取組みの推進を支援いたします。
財務管理の高度化
  • グループ内の資金効率向上、為替リスク管理、調達コスト最適化などの、トレジャリー・マネジメント高度化、およびグループ財務ポリシーの見直しを通じた財務ガバナンス強化を、構想策定から実現まで支援いたします。
組織・プロセス・人材 決算早期化
  • 経理部門内の変革にとどまらず、Order-to-Cash、Procurement-to-Payなど、部門やグループ会社をまたがるend-to-endプロセス全体でボトルネックを特定し、その解消に向けた施策の検討・実施を支援いたします。
ファイナンス組織の機能強化
  • 定常業務の効率的運用に加え、経営に資するファイナンス情報の提供を担う高機能組織の構築に向け、機能設計・実行計画立案から要員のWill・Skill形成まで、組織変革・人材高度化を一貫して支援いたします。
Global Business Service
  • コスト削減を目的とした単純・反復業務のシェアード化にとどまらず、コントロール最適化やガバナンス強化、品質向上を主眼としたGBS(Global Business Service)の実現に向け、構想策定から実現、運用改善まで一貫して支援いたします。
テクノロジー 最新テクロノジーを活用した組織強化
  • 次世代型ERPシステムや、RPA(Robotics Process Automation)など、最新のテクノロジーを、ファイナンス部門の役割高度化や業務効率化を実現するためのイネーブラーとし、PoC(Proof of Concept)から、採用すべきテクノロジーの選定、導入・開発まで一貫して支援いたします。

CFOを取り巻く環境変化

(下の図をクリックすると拡大します)

CFOが取り組むべきターゲット

  1. 経営者や事業責任者に役立つビジネス上の洞察をリアルタイムで提供する。
  2. 会社を取り巻くさまざまなリスクやボラティリティへの対応力を高めるとともに、コンプライアンスを強化する。
  3. 迅速なPost Merger Integrationをリードする。
  4. 必要なスキルを持ったファイナンス人材を育成し、グローバル・ローカルで最適なサービスを提供する。
  5. 上記のターゲットをファイナンス部門のコストを削減しながら効率的なプロセスで実現する。