ケイパビリティ
Actuarial Service

保険数理サービス(ACT)

昨今のICS(国際保健資本基準)開発の進展、IFRS第17号や長期契約の会計処理に関するFASBのアップデート等、保険会計基準の進展等、規制や会計基準の動向への対応、リスク管理態勢の高度化等は、保険会社のビジネスにとって新たな経営課題として認識されています。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの保険数理サービスでは、最先端の見識と幅広い経験を持つアクチュアリーが、EYのグローバルネットワークを活用したリーディングプラクティスを用いて、保険会社等へ保険数理に関する多種多様でボーダーレスなアドバイザリー・サービスを提供しています。

例えばこんな企業課題にお応えします

IFRS第17号の導入に向けた影響度調査、保険数理上の論点整理、移行時B/Sの試算等、各種保険数理に関連した導入支援を依頼したい。
Prophet等による保険数理モデルの開発支援、保険数理モデルのレビュー、保険数理モデルに関する内部監査を行いたい。
ICSのフィールドテストや金融庁の経済価値ベースのソルベンシー規制に係るフィールドテストの支援、ERM態勢の高度化の支援、内部モデルの検証やERM態勢の内部監査の支援を依頼したい。
新商品開発、保険料と責任準備金の算出方法書の作成、商品認可の支援を受けたい。
保険会社の買収・合併に関連する業務、株式会社化および企業再編成の実行支援を依頼したい。