事例からみるRPA導入のポイントと今後の展望

効果を最大化する導入・拡大・安定運用のために


昨年から国内でも注目を浴び始めたRPAの導入事例は急速に増加しています。
POC(技術検証)やパイロットから着手する企業が多いのが現状ですが、導入において、どのような成功があり、
どのような失敗があるのでしょうか。また、その先の多部門展開、グループ内展開や安定的な運用のためには何を検討し、
何を用意しておくことが必要でしょうか。EY導入支援事例をもとに解説いたします。

開催案内PDF 開催案内ダウンロード(PDF: 338KB)

【主催】
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

概要

開催日時 2018年3月20日(火) 15:00~17:00 [受付開始14:30~]
場所 ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター
東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー9階
TEL:03 5545 1722
対象者 業務企画・業務改革推進の ご担当者 様
参加費(税込) 無料
定員 120名

※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮下さい。

プログラム

  • 15:00-15:30
    日本国内におけるRPAマーケットの現状とこれから
    • RPAが注目をされて1年以上が経過し、RPA導入を進めてきた、あるいはこれから本格検討をするという企業は日々増えています。まず、RPA導入に関わってきたコンサルタントの視点から、日本国内におけるRPA導入をめぐる現状と傾向、2018年の見通しについて考察します。また、EYの支援事例からの示唆を踏まえて、これからRPA導入を検討される企業にとって留意すべきリスク、検討しておくべきポイント等を解説します。

      EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
      ファイナンス リーダー 兼 RPAアドバイザリー リーダー
      パートナー 高見 陽一郎

  • 15:30-16:10
    EY導入支援事例  大手企業の財務・経理部向けのボトムアップ型導入方法論
    • EYによるRPA導入支援事例をもとにして、RPA導入プロジェクトの現場からマネジメント まで巻き込んだ複層的導入アプローチについて解説します。RPA導入を単なるツールの 導入に終わらせず、業務の見直しの契機として、如何にしてRPAの火を繋いでいくかが 重要です。RPAの目標設定からRPA適用業務の選定、トレーニング、チェンジマネジメントなどRPAプロジェクトを複数の観点からご紹介します。

      EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
      シニアマネージャー 福地 史朗

  • 16:10-16:50
    トークセッション  導入プロジェクトの現場から
    • RPA導入プロジェクトにおいて、実際にどのような点に苦労したのか、経験からどのような示唆が得られてどのようにその後のプロジェクトに活かされているのか、実際のプロジェクトをけん引した、あるいは現場でロボット作成に携わったコンサルタントの声をパネルディスカッション形式で共有いたします。

      EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
      エグゼクティブディレクター 西村 文秀
      マネージャー 増井 孝有
      シニアコンサルタント 萩野 真由

      司会
      パートナー 高見 陽一郎

講師

講師画像

    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      ファイナンス リーダー 兼 RPAアドバイザリー リーダー
      パートナー 髙見 陽一郎
    • Big4系ファームに入所し法定監査・株式公開支援に従事した後、日系投資業の在外子会社の コントローラー、CFOとして米国(カリフォルニア州)駐在約9年。その後、外資系コンサルティング 会社にて、会計・経理領域のコンサルティングに従事し、財務諸表作成支援(米国会計基準)、 価値評価業務、財務デューデリジェンス、業務改善等を担当。2010年にEYに参画し、現在は ファイナンスサービスのリーダーとして、経営管理・子会社管理改善支援、経理財務関連業務 プロセス改善、IFRS導入支援等に従事。2016年よりRPAアドバイザリーリーダーとして、RPA 導入を支援。公認会計士

講師画像

    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      シニアマネージャー 福地 史朗
    • 大手Sier 企業を経て、2000 年にErnst & Young consulting Japan (当時) に入所。 グローバルプロジェクトにて、言語や文化が異なるメンバーのプロジェクトリードとして組織改革 を推進。プロジェクトマネージャーとして製造・消費財、通信インダストリーの業務改革支援、 東南アジサプライチェーンのビジネス開発を担当。近年はFinance 領域において、デジタル技術 を用いたトランスフォーメーション・サービスをご支援。RPA サービスチームのリードとして マーケティングと社内教育を担当。

講師画像

    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      エグゼクティブディレクター 西村 文秀
    • 国内大手SIer、コンサルティングファームを経てEY アドバイザリー・アンド・コンサルティング 株式会社入社。会計・人事領域を中心としたERP 導入プロジェクトのBPR、構想フェーズから 本稼働後の運用保守までのコンサルティング、及びプロジェクトマネジメントに従事。近年では、 予算管理や業績管理などの管理会計領域における制度設計、業務改善、BI 導入を中心とした業務 -システム横断系プロジェクトのコンサルティングを多数手がける。現在、2017 年よりメガバンク への大規模RPA 導入を1 年以上支援中。

    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      マネージャー 増井 孝有
    • 国内大手コンサルティングファームにてメガバンクにおける会計・経理領域の業務改善コンサルティング、 総合商社におけるIFRS 導入支援プロジェクト、製造業における業務改革支援等に従事し、EYアドバ イザリー・アンド・コンサルティング株式会社入社。ファイナンスチームマネージャーとして、総合 商社におけるRPA 導入プロジェクトにて、RPA 導入支援プロジェクト(PoC フェーズ)、及び全社 RPA 導入計画の策定プロジェクトに従事。

    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      シニアコンサルタント 萩野 真由
    • 総合商社を経て2013年にEYに参画、経営管理領域を中心としたアドバイザリー業務に従事。現 在はFinanceサービスチーム、ならびにRPAサービスチームに所属。大手通信会社、大手製薬会 社におけるRPA導入プロジェクトにて、RPA適用業務の選定からBlue Prism(RPA主要製品の 一つ)を用いた開発・テスト、開発スキルのナレッジトランスファー、オペレータートレーニング等 のRPA実装までを一貫して支援。また、EY社内にてBlue Prism開発研修講師を務める。

※内容、講師は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。


お問い合わせ先

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
担当:多田/市原
Email: seminarinfo-eya@jp.ey.com
TEL: 03 3503 1443