セミナー

これからの役員報酬のあり方
~中長期的な企業成長実現に向けた仕組みづくり~

近年、コーポレートガバナンス・コードや市場からの要請に伴い、経営陣に「攻めの経営」を促す業績連動報酬や株式報酬への関心が高まっています。2017年6月末時点においては、前年同月に比べ自社株式を活用した役員報酬を導入している上場企業は30%に達しており、今後も増加することが見込まれます。
一方、役員報酬制度の改定に着手するも、短期的視点になりがちであったり、最低限のルール遵守を中心とした対応に留まる企業も多くみられます。
しかし、本来は成長戦略の実現に主眼をおくべきであり、株主への説明責任を果たしながら、経営陣の中長期的な業績達成へのコミットメントをより引き出すことができる仕組みをどのように整備していくのか、役員報酬制度の改定にあたりどのように織り込むことができるかという点が議論として活発化されるべきです。
また、近年の税制改正などを受けて、メインバンクやその他金融機関などから、従前のストックオプションの他、株式交付信託や譲渡制限付株式など、様々な報酬制度に関する提案は受けているものの、これらが会社の考える方向性(今後の経営戦略や役員報酬のあるべき姿など)と合致しているのかどうかを含め、比較検討が難しく、改定に踏み切れていない例も見受けられます。
そこで本セミナーでは、役員報酬を見直すことを検討されている企業の参考として、これからの役員報酬のあり方や税制改正のポイントを参考事例も踏まえてご紹介します。

【主催】 EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社/EY税理士法人

概要

開催日時 2017年9月11日(月) 14:00~16:00 [受付開始 13:30]
場所 霞が関ビル33F EYセミナールーム
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
TEL:03 3503 1443
対象企業 ・株式報酬(ストックオプションを除く)を導入していない企業
・長期間、役員報酬制度を見直していない企業
・中期経営計画と連動させた報酬体系としたい企業
対象者 人事/経営企画担当役員様など役員報酬制度企画・立案の担当責任者 様
参加費
(税込)
無料
定員 60名

※お申し込みは、1社につき2名までとさせていただきます。2名様でご参加の場合も、1名様ずつお申し込みください。
※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮下さい。

プログラム

  • 1部
    「これからの役員報酬制度に求められるもの」
    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      ディレクター 小西 長武
  • 第2部
    「これからの役員報酬制度を支える役員給与税制の活用(平成29年度税制改正を踏まえて)」
    • EY税理士法人
      パートナー 阿久津 隆一
      エグゼクティブ・ディレクター 西川 真由美
  • 第3部
    「事例紹介:短期・中長期報酬検討ポイント、税務の取扱い」
    • EY税理士法人
      マネージャー 猪野 竜司
    • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
      マネージャー 上野 晃

※内容、講師は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お申込みについて

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。


申込によってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、当セミナーの運営に関わる事務に利用させていただくほか、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社およびEY Japanで共有させていただき、今後実施する説明会、セミナー、勉強会、研究会、発刊書籍、および業務内容のご案内をさせていただく目的以外には使用いたしません。