EY | Building a better working worldEY | Building a better working world

HR Message / Talent Leaderからのメッセージ

TOP私たちの方針Japan Advisory Talent Leader からのメッセージ

Talent LeaderからのメッセージJapan Advisory Talent Leader
Director
永吉 正郎

私たちEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社は、世界150以上の国と地域に約25万人を擁する総合プロフェッショナルファーム・EYの日本におけるメンバーファームです。クライアントの抱えるさまざまな経営課題を解決するためにEYのナレッジやメソドロジー、そしてワールドワイドに拡がるネットワークを駆使して、最先端かつ高品質のアドバイザリーサービスを提供しています。

クライアントの成長や課題解決に資するアドバイザリーサービスを創出する核となるのが、クライアントと直接向き合い、一人ひとりのプロフェッショナルです。私たちのようなプロフェッショナルファームにとって、人材が最も重要な資産であることは言うまでもありません。優秀な人材を引き付けて、EYの理念であるBuilding a better working world(より良い社会の構築を目指して)を体現しグローバルに活躍できるリーダーを多く輩出できるように、私たちはより魅力的なワークプレイスの整備、そして人材開発のプラットフォーム構築に惜しみなく投資し、長期的視点に立った人材育成に、積極的に取り組んでいます。

また、より良い社会の構築を目指していくには、一人ひとりの能力を最大限に引き出し、高い成果を挙げるチームを作ることが必要です。その前提となるのが、ダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)です。私たちは、EY Japanの一員としてLGBTに関する日本初の企業の取組み指標「PRIDE指標」※で最高評価の「GOLD」を受賞した他、育児や介護のためのフレキシブルな就業制度の整備など、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。性別・性的指向・国籍・文化などを異にする多様な人材を受け入れ、一人一人の個性とキャリアビジョンを尊重するインクルーシブなカルチャーがEYの強みであり、成長の原動力であると言えるでしょう。

EYのビジネス活動が世界経済に与えるインパクトはとても大きいものがあります。ここには多様な人材が成長できるビジネスフィールドがあります。私はタレントリーダーとして、EYの理念に共感いただける優秀なビジネスプロフェッショナルを一人でも多く迎え入れ、当社のグローバルなスケールを体感いただき、最高の仲間と経験が得られるこの環境でプロフェッショナルとして成長してほしいと考えています。

※ work with Pride, 「PRIDE指標2017の結果レポート」(2017年10月23日),
http://www.workwithpride.jp/pride/report2017.pdf