ライブラリー

文系でもわかる人工知能ビジネス

  • 出版社: 日経BP社
  • 本体価格: 1,800円(税抜き)
  • 発行年月: 2016.2.19
  • 仕様: 四六版、単行本、 296ページ
  • 概要
    自動運転の未来 2016-2020

    多くの人工知能書籍は技術によっていますが、本書には難しい技術の話は登場しません。2020年を想定し、人工知能によって大きく変わるわたしたちの仕事と暮らしを「物語」形式でわかりやすくまとめました。リアルな描写で「なるほど、こんなふうになるのか」とイメージが広がります。

    仕事と暮らしという側面で書いていますが、そこに登場する人工知能関連のサービスはどこかの会社が提供するわけで、本書は「人工知能ビジネスの本」ともいえます。ビジネスパーソンの方々が本書を読むことで、人工知能を用いた具体的な新ビジネスをイメージできるはずです。

    対象にしたのは「自動車」「社会インフラ」「製造業」「農業」「物流・倉庫」「安全保障」「小売」「セキュリティ」「オフィス業務」「住宅」「医療」「教育」「金融」の13領域。これらの領域では次々と新しい人工知能サービスが登場するはずです。本書はそうしたサービスが当たり前になった日常を描いています。

  • 執筆等
    著者: EYアドバイザリー株式会社
    【企画・監修】 羽柴崇典、園田展人
    【執筆】 園田展人、杉本陽子、目黒文子、船津結花、田村亘、金本拓
  • 備考
    ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。