ライブラリー

自動運転の未来 2016-2020

  • 出版社: 日経BP社
  • 本体価格: 300,000円(税抜き)
  • 発行年月: 2015.12.14
  • 仕様: レポート(A4判,約300ページ、特装本)、CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)
  • 概要
    自動運転の未来 2016-2020
    主要プレイヤーの動きは
    自動運転の普及で社会と産業はこう変わる

    世界の自動車メーカー、大手サプライヤー、そしてIT業界まで巻き込んで開発が進む自動運転技術。自動運転の時代になると、自動車産業はその姿を根本から変革する必要に迫られます。自動車産業は、次世代のモビリティ・インフラ産業へと変貌を余儀なくされるでしょう。その影響は、完成車メーカーや部品メーカーだけにとどまりません。素材産業やエネルギー産業、整備業界、保険業界、物流業界、広告業界などあらゆる産業界に及ぶはずです。 各プレーヤーはどんな開発に取り組んでいるのか、普及はどのように進んでいくのか、技術的な課題は何か、そして自動運転技術は社会や産業をどう変えていくのか。

    『自動運転の未来2016-2020』は、それらの疑問に答える総合予測レポートです。

    日経テクノロジーオンラインに、「自動運転の未来2016-2020」を引用した、自動運転の未来についての記事が掲載されました。

  • 目次
    【1章】 いまなぜ自動運転なのか
     1-1. 実現がみえてきた自動運転車のある未来
     1-2. 自動運転の各機能と市場投入の時期
     1-3. 消費者の視点からみる自動運転車の購入理由
     1-4. 技術進化とコストの推移
     1-5. 自動運転車の普及への道筋
     1-6. ADASの普及と自動運転の4段階
     1-7. 自動運転車実現に向けた論点と課題
    【2章】 自動運転の最新動向と未来予測
     2-1. 自動運転業界が変える業界構造自動運転業界が変える業界構造
    ・世界で進む自動運転開発のロードマップ
    ・自動運転で必要になる3要素
     2-2. 新たな産業エコシステムの構築
    ・ピラミッド型産業構造の変化
    ・変わるTier1の役割
     2-3. 主要プレイヤーの動き
    2-3-1. OEM・新規プレイヤーの開発体制・試作車・提携動向・未来の方向性
    ・Daimler/Mercedes-Benz(独)
    ・BMW(独)
    ・Volkswagen/Audi(独)
    ・GM(米)
    ・Volvo(スウェーデン)
    ・Ford(米)
    ・トヨタ(日)
    ・日産(日)
    ・ホンダ(日)
    ・Google(米)
    ・Tesla(米)
    2-3-2. Tier1の製品・開発体制・試作車・提携動向・未来の方向性
    ・Bosch(独)
    ・Delphi(米)
    ・ZF TRW(独)
    ・Continental(独)
    ・Valeo(仏)
    ・デンソー(日)
    2-3-3. デバイスメーカーの製品・開発体制・提携動向・未来の方向性
    ・Qualcomm(米)
    ・Velodyne(米)
    ・Mobileye(蘭)
    ・Quanergy Systems(米)
    ・Nvidia(米)
    ・富士重工業(日)
    ・日本電産エレシス(日)
    ・ルネサスエレクトロニクス(日)
    ・東芝(日)
    2-3-4. ソフトウエア・ITの製品/サービス・開発体制・提携動向・未来の方向性
    ・IBM(米)
    ・Cisco Systems(米)
    2-3-5. 三次元地図メーカーの製品・開発体制・提携動向・未来の方向性
    ・Nokia/HERE(フィンランド)
    ・TomTom(蘭)
    ・ゼンリン(日)
    2-3-6. ベンチャーの製品/サービス・開発体制・提携動向・未来の方向性
    ・Uber(米)
    ・Cruise(米)
    ・ZMP(日)
    2-3-7. テレコム・通信の製品/サービス・開発体制・提携動向・未来の方向性
    ・AT&T(米)
    ・Verizon(米)
    2-3-8. 大学・研究機関の研究内容・開発体制・提携動向
    ・Stanford University(米)
    ・Carnegie Mellon University(米)
    ・Massachusetts Institute of Technology、MIT(米)
    ・Parma University(伊)
    ・名古屋大学(日)
    ・金沢工業大学(日)
     2-4. 各国政府の動向
    2-4-1. 米国
    ・管轄機関の役割
    ・ロードマップ
    ・政策概要
    ・関連プロジェクト
    ・法規制概要と法整備動向
    2-4-2. 欧州
    ・管轄機関の役割
    ・ロードマップ
    ・政策概要
    ・関連プロジェクト
    ・法規制概要と法整備動向
    2-4-3. ドイツ
    ・管轄機関の役割
    ・ロードマップ
    ・政策概要
    ・関連プロジェクト
    ・法規制概要と法整備動向
    2-4-4. 日本
    ・管轄機関の役割
    ・ロードマップ
    ・政策概要
    ・関連プロジェクト
    ・法規制概要と法整備動向
    【3章】 自動運転の実現技術
     3-1. 自動運転車の基本構成
    ・自動走行の基本原理
    ・3次元地図やGPSも併用
    ・最適な走行経路を決定する
     3-2. 人工知能
    ・自動運転と人工知能
    ・ディープラーニングの今後の発展
    ・クルマの「頭脳」に求められるもの
    ・技術(認識系・判断系・操作系)進化の可能性
     3-3. センサー
    ・レーザーレーダ
    ・ミリ波レーダ
    ・カメラ
     3-4. HMI (ヒューマン・マシン・インタフェース)
    ・自動運転車のインタフェースには何が必要か
    ・人と機械の共生に必要な2種類のHMI
    ・機械への信頼 を形成する4つの要件
    ・未来のHMI
    【4章】 自動運転の社会・産業に与える影響と普及への課題
     4-1. 自動運転の普及により予想される変化
    ・社会の変化
    ・自動車産業の構造変化
    ・自動車利用形態の変化
    ・周辺産業の変化
    ・既存産業の変化
    ・オートモーティブ4.0
     4-2. 普及への課題
    ・技術的な課題
    ・法的な課題
    ※目次は変更になる場合があります。
  • 執筆等
    著者: EYアドバイザリー、他
    【執筆】 園田展人、目黒文子、船津結花 他

  • 資料ダウンロード
  • 備考
    お申し込み方法:
    上記書籍パンフレットPDFにあるお申込書にご記入の上、下記FAXまたはメールまでお申し込みください。
    EYアドバイザリー株式会社 総務 辰喜(たつき)
    FAX:03-3503-2812 / メール:eyj_advisory_info@jp.ey.com
    お問合わせ先:
    EYアドバイザリー株式会社 P&Uチーム 園田 TEL:03 3503 1490(代)
    ※ご請求業務については、日経BP社が担当いたします。