ライブラリー

PERFORMANCE

performance

EY発行の企業経営者様向けビジネス誌「Performance」ジャーナルから、日本の企業経営者にとって特に参考になると考えられるケーススタディなどを選び紹介しています。先進的な取り組み事例を皆さまの成長戦略と事業展開の参考として役立てください。

包括的アプローチによる
プログラムマネジメント

performance プログラムマネジメントが有効に機能していれば、具体的かつ測定可能なベネフィットが得られるはずです。 ところが実際には、多くのプログラムで、期待をはるかに下回る効率しか実現できていません。
(2016.10.20)

イノベーションと変革をもたらすPurposeの力

performance成功している企業は、自社のPurposeを経営戦略と一体化させています。EYの変革手法であるPurpose-led Transformationが求められる背景を示し、より良い社会を構築する上でどのように役立つのかを示唆します。
(2016.09.07)

Purposeと融合した事業計画

performance競争力を保つためにビジネスは絶えず変化しています。そこには世界中の消費者ニーズが高度化し、資源不足や規制強化への対応が求められているという背景があります。
(2016.07.14)

デジタル時代の
サプライチェーンイノベーション

performance新たに登場したデジタル技術は旧来企業に、サプライチェーン管理、サプラチェーン戦略の抜本的な再考を迫っています。
(2016.05.12)

モノのインターネット(IoT)と
新たなグローバル情報セキュリティの必要性

performance日常生活がインターネットと複雑に絡み合っている現状は、組織のサイバーセキュリティに対する取り組みにおいてどのような意味を持つのでしょうか。
(2016.04.27)

デジタル戦略のタオ

performance消費財セクターはデジタルによる破壊的イノベーションに直面しています。しかし、デジタル化戦略がEコマースへの投資に限定されているように、事業戦略全体の中でも二次的要因にすぎないと考えている企業が少なくありません。
(2016.03.17)

インドが将来のマーケットリーダーと
目される理由

performanceインドは総人口の年齢中央値が30歳を大きく下回る消費者市場と増加する労働人口による低コスト構造により、今後の成長見通しは極めて良好です。近年の政策変更の後押しもあり、投資先として大きな魅力を持つインドの発展が諸外国にもたらす可能性をドイツを例に考察します。
(2016.02.01)

現実世界と仮想世界を
統合する

performanceデジタル化時代は企業が市場にアプローチする方法を一変させつつあり、企業の競争戦略も抜本的に変わろうとしています。現実世界と仮想世界の統合はビジネスモデルに影響を与え、企業は変化の波に取り残されないためにデジタル戦略を策定する必要性に迫られています。
(2015.12.14)

スウェーデンの小売店の
食品廃棄問題に取り組む

performance食品廃棄を減らし効率性を追求していく中で、どのように業務ルーチンを変え、商品陳列を見直し、クライアントの自信を取り戻させたのか。スウェーデンの小売企業との18カ月に及ぶプロジェクトに取り組んだ担当者に聞きました。
(2015.11.24)

効果的なコラボラティブ・ イノベーションの
実現

performance コラボラティブ・イノベーションを効果的に活用することは容易ではありません。しかし、正しく定義された戦略に基づき、適切にコントロールができれば、良い結果をもたらすことができます。
(2015.11.10)

いかにして優良顧客を育て
管理するか

performance01長期的に安定して収益を獲得するカギを握るのはカスタマーリレーションシップへの投資です。顧客ライフサイクルや顧客生涯収益(CLP)の考え方に基づく顧客戦略の立案がこれを現実のものとします。
(2015.10.21)