業種別

流通・小売

少子高齢化、人口減少、消費税率アップによる消費低迷など、消費環境が大きく変化している中、スマートフォン・ソーシャルメディアの普及による消費者行動の大きな変化が重なり、流通業が取り組むべき課題は多岐にわたっています。こうした大きな環境変化の下で勝ち抜くためには、既存の事業構造や取引関係にとらわれず変化を先取りした戦略的な取り組みが求められます。
EYのアドバイザリーサービスの流通・小売りセクターでは、消費財・流通業界を取り巻く市場への柔軟な対応と収益の向上を実現するために必要な、戦略立案からプロセス設計・現場への定着化まで、実効性のあるサービスを提供しています。

例えばこんな企業課題にお応えします

ビッグデータ活用を受けてマーケティング・マーチャンダイジング業務を再構築し、売場活性化・顧客満足度の向上を実現したい。
取引先小売業の持つ購買データとソーシャルデータを分析・活用して、新製品のヒット率を向上したい。
消費行動の変化と、人手不足に起因する経済環境の変化に合わせて、オムニチャネル化への自社の取り組み方針を再定義し、サービスレベルとコストのバランスを見直したい。
店頭需要の予測により発注・在庫管理の精度を向上し、顧客満足度の向上と資金効率の改善を同時に実現したい。
人手不足による店舗運営コスト・物流コストの急騰への対策として、コストとサービスレベルのバランスを見直したい。