業種別

テクノロジー・製造

AI、IoT、IE4(Industry 4.0)また Big Data アナリティクスの高度・汎用化に伴い、産業種別を越えたテクノロジー主導型新規ビジネス創造や業務オペレーションの質的変革の必要性がこれまで以上に高まっています。EYのアドバイザリーサービスはデジタルトランスフォーメーション領域におけるグローバルでのナレッジ活用にとどまらず、日本固有の競争力を再定義・向上する取り組みを多数実施しており、これらの知見・経験による洞察に基づくサービスで、更なる成長とエクセレントカンパニーへの変革を支援いたします。
また、製造業では日本国内経済の頭打や低コスト生産地域の変化にも対応可能なグローバルの収益構造再強化が急務です。販売領域の利益率改善・サービス収益拡大、生産・調達領域の拠点戦略見直し、ソーシング強化、グローバル原価の真の見える化等に対してデジタルトランスフォーメーションが有効です。私たちは、戦略策定~業務プロセス・システム・組織の再構築~定着化まで、一貫したサービスを提供いたします。

例えばこんな企業課題にお応えします

自社の持つデータ資産をどのように活用できるのか、すべきなのかの見極めができておらず、自社の既存競争力をより強化・発展させる戦略と具体的な方策を早期に立案したい。
ビジネスのグローバル化は進んだものの、収益には結びついておらず、サプライチェーンやオペレーションの非効率性が顕在化してきている。これらの課題を解消し、収益の最大化を実現したい。
グローバル経営の効果を最大化するために、経営情報の一元化によって経営判断の迅速化を目指したい。
ただし、単なる情報取得、不要情報の取得は回避すべきであり、真に必要な経営情報の見極めたい。

インフォメーション

トピックス

関連資料