業種別

自動車/運輸

昨今のインダストリー4.0、IoTに代表されるモノづくりの革命的な変革、電気自動車を中心とした内燃エンジンから電動モーターへのパワートレインの世代交代への流れ、今後も引き続き求められる環境規制への対応により、自動車業界を取り巻く環境は大きく変化しています。激しい変化が見込まれる自動車業界において、持続的な成長を実現するために、自動運転やテレマティクス分野におけるネットワークを駆使したビジネスモデルの構築、高齢化や若者の車離れにより成熟化した国内市場における収益性の更なる向上、中国やインドを中心とした新興国への海外進出に合わせたグローバル規模の企業再編等、複雑かつ多様な重要課題に取り組む必要があります。EYのアドバイザリーサービスは、自動車業界各社が抱える経営課題の解決を支援するため、企業ビジョン・戦略の策定からそれを実現する人・組織、業務プロセス、情報システム等、企業経営基盤の強化、実際の運用業務改善のためのサービスを提供いたします。

例えばこんな企業課題にお応えします

グローバルかつ連結レベルでの収益管理(事業/地域/製品別等のセグメント別)に必要な情報の収集が難しい。
意思決定に必要な情報を、迅速かつ正確に取得できる経営管理基盤を構築したい。
新車販売を中心とした業務だけでは、収益性の向上が難しい。部品販売や修理作業といったアフターセールスも含めた、ディーラー業務全般の改革を実現したい。
国を横断したプロジェクトや関連する複数のプロジェクトが同時に遂行されているが、適切な管理(課題/進捗/予算等)の実現が難しい。適切な方法論に基づいたプロジェクト管理を実現したい。

関連資料