会社案内

IDCのMarketScapeがEYをリスクコンサルティングのグローバルリーダーに選出

EYは、米国調査会社IDCによる調査レポート「IDC MarketScape:Worldwide Risk Consulting Services 2017ベンダー評価」で、リスクコンサルティングサービスの世界的リーダーであると発表されました。


同レポートでは、EYが世界で最も成長著しいビジネスコンサルティング企業の1つであることを示しています。
このレポートによると、世界中のビジネスコンサルティングサービスのバイヤーは、他のコンサルティング契約と比較して、EYが、リスクの認識からソリューションの提供に関して、すべての組織に最もふさわしいと考えています。

EY アドバイザリー グローバルリーダー兼アメリカス リスクリーダー エイミー・ブラッチョは以下のように述べています。
「我々は、リスクコンサルティングのIDC MarketScapeのリーダーに選ばれたことを誇りに思います。今日のビジネス環境において、信頼を競争上の差別化要因として推進し、自信をもって戦略目標を達成するためには、積極的なリスク管理がこれまで以上に重要です。
急拡大するテクノロジー、人口動態、地政学的傾向および業界の変化は、より戦略的かつ迅速なリスク管理の必要性を生み出しています。
『より良い社会の構築を目指して』というビジョンに沿って、我々は顧客が組織の信頼を守るためのリスク管理機能を変革し、自信を持って戦略目標を達成することを支援することにコミットしています。 」

IDCのMarketScapeレポートは、グローバルでビジネスコンサルティングサービスプロバイダを、包括的なフレームワークと一連のパラメータに基づいて評価しています。また、このレポートは、特定の市場における成功につながるコンサルティング企業の属性についても調査しています。

IDC Marketscape 、2017年7月、文書#US42810817

IDC Marketscape
IDC MarketScapeのベンダー分析モデルは、特定市場におけるICTベンダーの競合優位性を総合評価するように設計されています。 調査方法は、定性的および定量的基準に基づく厳密なスコアリング方法を用い、特定市場内のベンダーポジションを一つのグラフに示しています。
同レポートは、ITとテレコミュニケーションのベンダーの製品とサービス、機能と戦略、現在および将来の市場成功要因を有意義に比較できる明確なフレームワークを提供しています。また、このフレームワークは、現在と将来的のベンダーの強みと弱みの360度評価をテクノロジー・バイヤーに提供しています。

※本プレスリリースは、2017年8月22日(現地時間)にEYが発表したニュースリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先されます。