サービスライン

ファイナンス・トランスフォーメーション

「グローバリゼーションの拡大」「強まるコスト圧力」「ビジネスニーズへの迅速な対応」など市場の激変に伴い、企業のCFO やファイナンス組織は、環境変化に対する対応と、マネジメントにとってのビジネスパートナーとしての役割を期待されており、様々な経営課題に直面しています。
EYアドバイザリーは、企業の戦略実現を支えるCFO機能の強化やファイナンス組織の効率的な業務運営体制の構築を支援いたします。

例えばこんな企業課題にお応えします

財務会計としての決算情報作成に問題はないが、経営管理情報の分析、複雑な業績管理の支援、財務戦略計画立案等、経営管理の高度化への対応が遅れている。
グローバル経営管理に必要な経営情報/財務情報が十分に可視化されておらず、グループ管理、子会社管理に必要な情報を適時適切に収集できていない。
経理・財務業務の標準化・システム化が滞り、コスト削減や業務効率化のためのアウトソーシング推進やシェアードサービス化の障害になっている。

主なサービス内容

ファイナンス組織の機能強化・改善 定常業務の効率的運用に加え、経営に資するファイナンス情報提供を担う高機能組織の構築に向け、機能設計・実行計画立案から要員のWill/Skill 醸成まで含む組織変革を一貫して支援いたします。
ファイナンス組織のプロセス効率化(決算早期化含む) マネジメントからの要求や制度開示等に対応するための経理プロセス効率化を、経理、業務品質を落とすことなく達成させるため、問題の識別から課題策定、改善の着実な実行まで支援いたします。
予算管理の高度化・改善 タイムリーに計画の達成状況を把握し、必要なアクションプランの検討を実現するために、業界特性を踏まえた効果的なPDCAを実現する予算管理の構築・改善を支援いたします。
IFRSの導入 IFRS導入・開示に至るまで、制度会計への対応、業務・システム変更への対応等、国内外の多数の関係会社・部門との連携が求められるプロジェクトを円滑に且つ効率的に進めるための支援を提供いたします。
業績評価制度の導入または見直し 業績評価管理指標(財務指標・非財務指標)の設定から、KPI マネジメントの導入・定着化および経営情報分析ツールの導入まで、業績に好循環をもたらす仕組み作りを幅広く支援いたします。
シェアードサービスまたはBPO(アウトソーシング)への移行 企業再編のシナジーを最大化するために必要となる様々な経営課題の解決(経営管理体制の整備・システム統合・業務プロセスの見直しなど)を包括的に支援いたします。
シェアードサービス(SSC) コスト低減のみならず経理・財務業務の品質・スピード向上を実現するためのシェアードサービス構想の策定・業務プロセス構築やシステム導入・定着化まで一貫して支援いたします。

現代のファイナンス組織に期待される役割は下記のようにシフトしております。
EYアドバイザリーは、そのTransformation‐変革‐を課題認識・構想から実行まで支援いたします。

(下の図をクリックすると拡大します)

トピックス